​運動療育を通じて子供達の
生き抜く力を育てます

ラーテルロゴ.png

このような悩みをお持ちの場合はお問い合わせください
・コミュニケーションが苦手・集団活動が苦手・長時間座っていられない
・自分に自信がない運動が苦手・体を動かす場所や機会がない
・自己肯定感が低い・列に並ぶのが苦手・力加減ができない・お友達作りが苦手

1.運動療育特化の放課後等デイサービス

​ラーテルクラブ高見馬場は運動プログラムを通じて子供達の成長をサポートする放課後等デイサービスです。BELLOパーソナルトレーニングジム監修の元科学的根拠に基づいた運動療育を行っています。
​専門的なプログラムで体力づくり・集中力UP、社会性の向上を目指します。

mainVisual_smp.jpg

​ラーテルクラブ3つの魅力と特徴

①運動療育特化
→体全体を使って行う体操などの運動療育は、ストレス発散に効果的です。ADHDなどの障がい特性でじっとしているのが苦手なお子さんは、机に向かって行う学習療育などが精神的に負担になる事もあります。対して運動療育なら体を思い切り使う事が出来る為楽しく取り組めます。​また、体操であれば他人と勝ち負けを競い合うルールやマナーを重視した取り組みを行う為、社会性が向上します。

➁生きる力を育み、将来社会を担う為の準備をサポート
→子ども達に、予測困難なこれからの未来を生き抜くために必要な資質・能力を身に付けさせるため、これらの力をバランスよく一体的に育んでいく事を目指しています。​まずは、当たり前のことを当たり前に出来るようになることからスタートしますが学びの場では以下の項目を随所に入れて活動を行います。
①学んだことを人生や社会に活かそうとする「学びに向かう力、人間性など」
➁実際の社会や生活で生きて働く「知識及び技能」
③どの様な状況にも対応できる「思考力、判断力、表現力など」
弊社代表やスタッフにはキャリアアドバイザーの経験を有するスタッフが在籍しており、職場体験などを通じて子供達の将来設計についてもサポートして参ります。

③公認会計師による家庭支援
→→子どもの個性はそれぞれ違います。そして成長の過程もそれぞれです。そんな子供達の成長を見守り続けるお父様やお母様の日々は笑顔の日ばかりではないかもしれません。​時には曇り顔にもなるでしょうし、大雨の様な涙を流す事もあるかもしれません。いろいろな事が有って当たり前の子育て。
嬉しいことも、辛いこともどんなことでもぜひ話してみて下さい。
話して下さることで嬉しいことはよりふくらみ、辛いことは少しでも軽くなるそんな時間 or 場所を提供いたします。
​お子様の保護者の皆様と一緒に笑ったり泣いたり、ラーテルクラブ職員はご家族に寄り添って参ります。

2.子ども達の成長を最大化するプログラム
ラーテルクラブでは子供達の成長に合わせたオリジナルのトレーニング
メニューを考案・実施しています。

KJ_20200408_01.jpg

​小学生部門

​基本動作や遊びの要素を取り入れた体操を行います。
​最後までやり遂げる力を身に付けます。

​中高生部門

BELLOパーソナルトレーニングジム監修の元、プロのトレーナが
​マンツーマンでトレーニングを行います。

3.集団生活での自立を支援
運動・スポーツを通じて子供達の自立を支援します。

dddddddddddddddd.jpg

運動することが苦手でも大丈夫ですか?
この様なご質問をよくいただきますが、まったく問題有りません!
運動はコミュニケーションツールの一つであり、自立を促す最高の手段です。
初めはうまくいかなくてもできるようになるために「学び」学ぶために
「コミュニケーション」をとります。
「学ぶ」という力は将来のどんな出来事でも役に立ちます。
有名なスポーツ選手や、各界で活躍する人の多くが、幼少期の運動を経験しています。
運動能力と学ぶ力、コミュニケーション能力を養う事で、豊かな人間性を育む第一歩をサポートします。

教室に通う事で成長できます。











子ども達は普段、家族でいる空間はとても心地よく安心しています。
児童発達支援や放課後等デイサービスの教室に行くことはそのコンフォートゾーン(快適な場)からラーニングゾーン(学びの場)へ踏み出すことになります。
ラーニングゾーンは能力を高めるためのゾーンでこれから先、成長するためにはラーニングゾーンに足を踏み出せることが大切になります。
その習慣作りに運動が最適です。
新たな技に挑戦することは常にラーニングゾーンで行われます。
自信に満ち自立した子どもは出来ないことも楽しみ、仲間と共に乗り越えていきます。

 

コンフォートゾーン.png

​4.具体的なプログラム

golden-age-sugoshikata.jpeg

​マナー 挨拶・ルール
始まりの挨拶や終わりの挨拶、ルールを順守することで信頼関係の構築とコミュニケーション能力の向上に繋がります。

持久力 ステップ台、縄とび
​ステップ台やなわとびを利用した体操で心肺機能の向上(体力UP)を目指します。

リズム ケンケン、パーケン
運動においてリズムはとても大切です。
​リズムを取り入れた体操を行う事で、スポーツをする際に
最高のパフォーマンスを発揮できるようになります。


バランス 体幹、バランスボード
​バランス感覚は野球やサッカーなど様々な競技で求められるスポーツの基盤です。まだやりたいスポーツは明確でない子供でも、今のうちにバランス感覚を養っておくことが将来の自分の支えになってくれます。